事業者専用ローンの『ビジネクスト』 審査の口コミ評判

ビジネクスト事業者専用ローン審査の方法や口コミ・評判や借入限度額、審査時間、融資スピードなどの特徴を解説。

セゾンファンデックス「ローン百選」 ビジネクスト口コミ・評判による審査について

ビジネクストは、法人・個人事業主の方が借入可能な事業性融資・ローン。総量規制(年収3分の1制限)の影響をを受けない!年8.0%〜18.0%と低金利。MAX1,000万円の借入可能。!


ビジネクスト事業者専用ローン審査の方法や口コミ・評判や借入限度額、審査時間、融資スピードなどの特徴を解説。

ビジネクスト事業者専用ローンの詳細情報

ビジネクストローンカード●商品名
◎ビジネクスト カードローン

●申し込み可能な方
◎法人もしくは個人事業主
 ※契約時年齢 満20歳以上、満69歳以下


●借入金額
◎1万円〜1,000万円
 ※最初の契約する時は上限500万円

●利息(実質年率)
◎8.0%〜15.0%(利用する借入枠100万円以上)
◎13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)

●契約する際の必要書類
◎法人の方
・代表者本人を確認する書類
・商業登記簿謄本(登記事項証明書)
・決算書2期分 等

◎個人事業主の方
・身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
・確定申告書2年分 等

◎締結費用
実費の印紙代

●延滞損害金(実質年率)
◎20.0%

●保証人・担保
◎保証人・担保とも不要です。
 ※なお、法人の取引は代表者の方の連帯保証が必須になります。

●返済期間・回数
◎最長5年・60回まで

●返済方式
◎元金定率リボルビング方式

●返済シミュレーション
元金定率リボルビング返済
◎元金:200万円、融資利率:15.00%、約定支払日:1ヶ月毎設定、借入残高の支払割合:2.0%の場合

[単位:円]
支払回数 支払元金 支払利息 支払総額 元金残高
1回目 40,000 24,657 64,657 1,960,000
10回目 40,000 20,219 60,219 1,600,000
30回目 40,000 10,356 50,356 800,000
50回目 40,000 493 40,493 0
総額 2,000,000 628,743 2,628,743 ---------


◎元金:90万円、融資利率:18%、約定支払日:1ヶ月毎設定、融資残高の支払割合:2.0%のケース

 


[単位:円]
支払回数 支払元金 支払利息 支払総額 元金残高
1回目 18,000 13,315 31,315 882,000
10回目 18,000 10,918 28,918 720,000
30回目 18,000 5,592 23,592 360,000
50回目 18,000 266 18,266 0
総額 900,000 339,510 1,239,510 ---------

 

ビジネクスト銀行スーパーローンTOP

 

 

ローン、たかが申し込み書、と侮ると痛い目を見ます!

ビジネクストローンカード 近年ではネットや携帯・スマートフォンからの申込みが増える一方です。
ラクに申込みが行えるからこそ、注意してほしいことがあるのです。それは、申込みフォームの記入漏れや誤字脱字です。

 もちろん記入した後に{きちっと|しっかり]確認をするのは当たり前のことですが、それでもパソコンやスマートフォンで確認するのと、実際に自分の手で書いた申込み用紙を見るでは、圧倒的に前者のほうが間違いを見つけにくいのです。
ですから、電話番号が間違っていたり、住所が1文字抜けてしまっている、といった間違いに気付かないまま申込みをしてしまう危険性があるのです。

 嘘をつくつもりは全然なかったのに、電話番号が間違っていたせいでキャッシングが使えない……となってはどうしようもありません。
よって、申込みをするときには埋めた審査項目を完璧に見直して、誤字脱字がないように心がけてください。

 そして、入力項目に空欄が多いのも審査に影響するのです。
カードローン業者は、申込み書と信用情報を基に審査を行いますが、裏を返せば2つだけの情報しか使えない状態で審査を行わなければなりません。

 ですから、申込み書に記入された項目が少ないと、『この人はお金を貸して大丈夫な人なのか?』となり正確な判断が出来ず、結果的に審査を通すことが困難になるのです。

 上記の二つのことには、大きな減点となるもう一つの危険性があります。それは『ルーズな人なのではないか?』とキャッシング業者に見られてしまうことです。
あまりに誤字脱字ばかりだと、申込み書の最終確認すらもしないいいかげんな人物である、と見られてしまい、『お金に関しても返済期日にしっかり返してくれないのではないか?』と疑いの目を向けられてしまいます。

 『申込み書の確認』という最低限のことがちゃんとできているからこそ、『{この人にはお金を貸しても大丈夫|融資を行っても返ってくるだろう|お金を貸』と思ってもらうことができ、カードローンを使うことができるのです。
ですので、『たかが申込み』と侮って、雑に済ましてしまわないようにしましょう。